米水津(大分県佐伯市)観光ブログ

yonoudu.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

米水津のブリ

米水津のブリ養殖は、大分県で最初にはじめられました。
磯や瀬を豊富に持つリアス式の米水津湾は、豊後水道の黒潮が渦を巻き潮通しが良いため、ブリ養殖に適した環境です。そのため天然物に勝るとも劣らない身質ながら脂ものっており、全国から好評を頂いています。a0112066_1425925.jpg
[PR]
by yonoudu | 2009-01-30 14:10

元越山

明治の文豪国木田独歩の作品に度々登場する元越山。
標高581.5mの低い山ですが、山頂からの眺望は360度の大パノラマが楽しめ、国土地理院調査員から『全国三角点の中で、眺望はベスト4に入る』と言われた県内でも有数の山です。
米水津からの登山口は浦代と色利の2ルートがありますが、なかでも色利登山道は途中に5ヶ所の展望所が設けられ米水津湾や豊後水道を一望することができ、景色を楽しみながら登ることができます。
毎年春(3月)と秋(11月)に登山会を実施し、多くの登山愛好家で賑わいます。
a0112066_1081481.jpg
[PR]
by yonoudu | 2009-01-29 10:17

米水津の干物

米水津の干物には、、『干物じゃあけど活きがいい!』というキャッチコピーがついています。
干物の新鮮さ、塩加減の良さが消費者から高い評価を受けており、米水津の名を全国に広めたといっても過言ではありません。
米水津は人口2,300人ほどの小さな漁業町ですが、水産加工会社16社の年間売り上げ額は50億円ともいわれ全国有数の地域ブランド産地となっています。
a0112066_17121156.jpg
[PR]
by yonoudu | 2009-01-28 17:14

空の地蔵尊

米水津と蒲江を結ぶ豊後くろしおライン沿いから少し登ったところに高さ80センチほどの小さな地蔵尊があります。
この地蔵尊は、江戸時代に海難者が多かったのでその供養のために漁民が建てたといわれています。豊漁と海の安全を守る菩薩として漁民に親しまれており、近年は合格祈願の参詣者も訪れています。
地蔵尊に隣接する展望台からは蒲江の仙崎、鶴見半島をはじめ地蔵尊が守りつづける海を見渡すことができます。
a0112066_16575579.jpg
[PR]
by yonoudu | 2009-01-27 17:04

アジの丸寿し

釣り師の中で米水津の磯場は、九州はもとより全国でも名だたる名礁として有名です。
そんな磯場をもつ米水津湾で獲れる魚は鮮度抜群!!
活きのいい海で獲れたアジを丸ごと使った「アジの丸寿司」は米水津自慢の郷土料理です。
アジを開き、骨を取って塩漬けにし、できあがりまでに丸3日を要する愛情寿司は、食べると
魚の甘酸っぱさとすし飯、赤ジソが見事なハーモニーを奏でます。
a0112066_14313139.jpg
[PR]
by yonoudu | 2009-01-26 14:36

間越来だんせへ市

米水津間越(はざこ)地区では毎月第3日曜日(8月除く)に地元住民主体の手作り朝市が行われています。その日の朝、定置網でとれた新鮮な活魚や鮮魚の販売、地元で獲れた魚で作るすり身やアジの丸寿司等を販売しています。
「来だんせへ」とは米水津の方言で「おいで下さい」という意味です。
是非一度、新鮮な魚介類が集合する朝市へ来だんせへ!!a0112066_104813.jpg
[PR]
by yonoudu | 2009-01-23 14:51

米水津観光ブログを開設しました

みなさん、こんにちは
今回、米水津(よのうづ)の観光情報をお知らせするブログを開設しました。
知名度はありませんが、水産加工品や養殖ブリの生産では有名どころです。
米水津の観光や日常をお伝えし、みなさんに知っていただけたらと思っています。
まずは、お気に入りの米水津空の展望所からの眺めをどうぞ!!

a0112066_16563072.jpg
[PR]
by yonoudu | 2009-01-21 17:00
line

佐伯市米水津の観光情報や日常、観光協会の会員を紹介していきます。


by yonoudu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31