米水津(大分県佐伯市)観光ブログ

yonoudu.exblog.jp ブログトップ

芳ケ浦

10月3日
a0112066_1430048.jpg

間越漁港発















a0112066_14305818.jpg


横島と観音崎
快晴、海がきれいです。













a0112066_14325655.jpg





観音崎、なかなかいい景色です。










a0112066_14351870.jpg


芳ケ浦がみえてきました。














a0112066_1436168.jpg


鶴見崎です。
肉眼では、灯台もみえました。
あと、汐吹鼻が途中にあり、波の強い日は
汐を高く吹き上げるそうです。
波が高い日は、沖に出れないので、わたしは見たことがありません・・・・・・・




a0112066_14422095.jpg

芳ケ浦地区です。
一世帯が居住しています。
陸路は、徒歩で下梶寄から山越えのルートです。










a0112066_14462337.jpg

芳ケ浦沖より撮影、右端の島は沖黒島です。今日は、とても海がきれいなので、海メインで撮影しました。









横島です。
a0112066_14481413.jpg

米水津村誌より「景清の玉取石」

悪七兵衛景清は平家の滅亡後、恨みの一太刀を頼朝にむくいんと、右大将上洛のみぎり、つけねらったが、素志を遂ぐる事を得ず、かえって見あらわされ、危うく首を打たるるところ、あたら勇士を、むざむざ殺すに忍びずと助命されたので、日向に下ったが「この目があれば、再び頼朝を見る事があろう。さすれば恨みの炎は再び身内を焼くであろう。目のないのが今の我には幸福である。」と言って両眼をいぐりぬいた。
 この景清が日向に下る途中、海岸の七里七里に、この種の岩を放り上げたそうで、剛勇の彼、家の如き大石を手玉にとって放り上げた故に、玉取石というのである。

右端にあるちょっこと載っている岩とわかりにくいですが、三角に(わたしには)みえる岩です。



間越にかえってきました。食事処「ひょっとん」、沖から撮影
a0112066_14531999.jpg


間越地区には
食事処「ひょっとん」  TEL 090-8917-1119
民宿「白鷺」       TEL 0972-34-8112
  

 必ずお電話でご予約をして下さい。

 只今、東九州伊勢エビ海道を実施しています。

 おいしい伊勢エビ料理を、ぜひご堪能下さい。
[PR]
by yonoudu | 2012-10-04 14:59
line

佐伯市米水津の観光情報や日常、観光協会の会員を紹介していきます。


by yonoudu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31