人気ブログランキング |

米水津(大分県佐伯市)観光ブログ

yonoudu.exblog.jp ブログトップ

映画「釣りバカ日誌19」

昨年のことですが映画「釣りバカ日誌19」の大分県ロケが佐伯市を中心に行われました。
米水津では、ハマちゃん(西田敏行さん)と康平(竹内力さん)の船釣りシーンの撮影が沖黒島周辺(赤○印)で行われました。空の展望所からは、景色も良く撮影したポイントを間近に見ることができるため、記念撮影をしている方をよく見かけます。近くまで来た時は、足を運んでみてください。a0112066_11111240.jpg
# by yonoudu | 2009-05-15 12:14

宮野浦地区

米水津は、大字で分けると浦代浦、色利浦、宮野浦、小浦、竹野浦の5つの地区に分かれます。
今回は、宮野浦地区を紹介します。
この地区は、豊後水道に面しているため古くから漁業や水産加工業の盛んな地として知られています。近年、漁獲高の減少等により巻き網船の多くが廃業しましたが、米水津地区では一番の漁師町です。
a0112066_12205926.jpg
# by yonoudu | 2009-05-14 12:22

米水津物産館

佐伯方面から浦代峠を下ると右手に米水津物産館があります。
ここでは、自社製造の水産加工品や丸寿司、すり身等、米水津の特産品を取りそろえています。
また、各種水産加工のお土産品もそろっています。是非、お越しの際はご利用下さい。a0112066_11394870.jpg
# by yonoudu | 2009-05-13 11:41

なずなの塩

毎月第3日曜日に朝市が行われている米水津の間越(はざこ)地区。
この地区には、以前も書きましたが大分百景にも選ばれるほどの美しさを誇る間越海岸があります。その美しい間越の海水を利用して「なずなの塩」が作られています。この塩の特徴は、自然の恵みだけで作られた海塩のため、普通の食塩に比べると自然な甘みが感じられます。
朝市にお越しの際は、是非お求め下さい。
a0112066_10205936.jpg
# by yonoudu | 2009-05-12 10:21

間越来だんせへ市開催

5月17日(日)に、毎月恒例の間越来だんせへ市が開催されます。
その日に水揚げされた旬の魚がそのまま朝市会場へと運ばれます。
また、朝市では加工製品の販売や新鮮な魚貝類を使った朝食などもあります。
新鮮な魚貝類を買い求めに、ぜひ一度お出かけ下さい。

 時 間  午前8時30分から
 会 場  米水津間越分校跡地
a0112066_11313254.jpg
# by yonoudu | 2009-05-08 11:32

サンクイーン

米水津は温暖な気候に恵まれているため、みかん栽培に適した地域です。サンクイーンやポンカン、温州みかんの栽培を主にやっています。特産品の一つであるサンクイーンは、赤橙色が美しく酸味と甘味のバランスがとれたミカンです。また、非常に果汁が多いため果肉を絞ってジュースにして飲むのもおすすめです。
a0112066_9182658.jpg
# by yonoudu | 2009-05-01 09:18

猪垣

米水津の山林に入ると、人の背丈ほどの石垣塀が築かれています。これは猪垣といい猪や鹿から農作物を守るため、昔の人が築いたものです。この地域は海と山が近いため、昔は山奥まで拓いて農業をしていました。猪や鹿に荒らされることは死活に関わるための策で、昔の人の苦労がしのばれます。今では猿も加わり、昔の石垣も役に立たない皮肉な状況となっています。a0112066_9254287.jpg
# by yonoudu | 2009-04-30 09:27

すり身天

米水津の特産品の一つとしてすり身天があります。
すり身は新鮮なアジ、エソ、ゴチなどを原料とし、砂糖や塩などで味付けをしたものです。
天ぷらにすると魚肉のキチキチとした歯ごたえと魚の旨みを味わうことができる一品です。
是非、一度ご賞味ください。
a0112066_1025736.jpg
# by yonoudu | 2009-04-28 10:26
line

佐伯市米水津の観光情報や日常、観光協会の会員を紹介していきます。


by yonoudu
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31